グラフィックを使う仕事

グラフィックとは、視覚表現の総称です。絵画や写真、イラストレーションや動画、図やグラフ、文字などを視覚的に表現したものです。それらを出版や広告、印刷、映像やゲームにおいて、情報店伝達を目的に、デザインやレイアウトを構成し、表現を考案する技法です。

グラフィック業界とは、グラフィックの使われる仕事をしている分野になり、出版社や広告、印刷、映像やゲーム業界になります。それぞれの目的に沿ったグラフィックを用いて、伝えたい情報を世の中に送り出すのです。コンピュータグラフィックスはパソコンなどを使って、作られる画像のことです。

出版社では、書籍や雑誌などを出版しますので、グラフィックは表紙や紙面のデザインやレイアウトに関わってきます。編集者が記事の内容にぴったり合ったデザインやレイアウトを考案し、デザイナーへと依頼して実現します。

広告業界では、グラフィックは大変重要な役割を持っていますが、人の目を惹きつける広告を作るには、グラフィックの技術が必要だからです。グラフィックデザイナーという専門知識や技術を持ったプロが、視聴者や消費者に視覚的に訴える広告のデザインを手掛けています。

グラフィック 求人印刷業界でのグラフィックは、依頼の印刷物の出来上がりの色彩の品質を指します。ここでもグラフィックデザイナーが関わってきます。グラフィックデザイナーがデザインしたものを、実際にその色味通りにできるかが、印刷業者の腕のみせどころ。紙媒体での表現技術をふんだんに発揮します。

映像でのグラフィックとは、モーショングラフィック映像というもの。動画はもともとアニメーションのことで、映像はカメラのレンズを通したものです。モーショングラフィックはその両方が用いられた新しい表現。静止画としてのグラフィックスデザインに動きや音声を加え、映像が流れているように表現したものです。

グラフィック 求人ゲーム業界でのグラフィックはゲームの絵を描く仕事をするグラフィックデザイナーが担います。平面に描くだけでなく、2D、3Dで描くことも多くなりました。また、携帯アプリでも需要が高まっています。携帯の場合は、限られた色数と解像度でのどれだけ美しく表現できるかが、これからの課題となっています。

それぞれの業界でグラフィックの仕事は異なりますが、求められる人材は共通するところもあるはずです。

ページの先頭へ